重要なもの | 歯科を利用する|歯のスペシャリストの力を刮目せよ

歯科を利用する|歯のスペシャリストの力を刮目せよ

インプラント

重要なもの

工夫することで得られるメリット

歯医者

歯は物を食べる上で重要な役割を担っています。物を食べる時は飲み込みや消化を良くするために咀嚼をしますが、虫歯や歯周病などが原因で、高齢になると入れ歯を使用する人が多くなります。 歯も無く入れ歯も使用していない高齢者は、歯がある人や入れ歯を使用している人に比べて咀嚼の回数が減るために、認知機能が低下しやすいと言われています。また、歯茎の炎症などを起こす歯周病は脳にも直接影響を及ぼしているのではないかとも考えられています。 特に高齢や病気によって体が不自由になると、自分で歯磨きや入れ歯の手入れが難しくなりますが、歯科に通うのが難しい人の場合は訪問歯科を利用することができます。 訪問歯科は、自宅で歯科医や歯科衛生士が治療や入れ歯の調整などをしてくれます。

現在の取り組みやトレンド

現在では高齢や病気などが原因で体が不自由になっても、できる限り自宅で生活ができるように医療や介護、福祉など様々な面から高齢者をサポートしていく取り組みが積極的に広がっています。 訪問歯科の場合は、自宅だけではなく入院中の病院や高齢者施設など、近くに通える歯科がない場合や通院が困難な人であれば対応してくれる範囲が広いのが特徴です。 特に寝たきりの高齢者の場合、食べ物が口に残っていると器官に入り込んでしまい、誤嚥性肺炎になってしまう可能性もあります。誤嚥性肺炎で亡くなる高齢者も多いので介助者による口腔ケアが大事になりますが、訪問歯科では治療のほかに口腔ケアも行ってくれます。また、介助者が希望する場合は正しい口腔ケアの仕方も指導してくれます。